*

格安スマホ・格安SIMプラン

LINEモバイルをおすすめできる理由・おすすめできない理由

更新日:

LINEモバイル

あのスマホアプリで超人気のLINEがMVNO(格安スマホ)市場に参入すると2016年3月に表明してからどんなプラン、サービスを展開するのか注目されていました。

そして2016年9月21日にLINEモバイルとしてサービスが始まりました。通信回線はドコモの通信回線を使用しています。他のMVNO(格安スマホ)と同じく端末とSIMカード(データ通信プラン)のセットでの契約とSIMカードのみの契約ができます。

マイネオの料金制度

MVNO(格安スマホ)の後発組になるLINEモバイルの特徴は特定のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のデータ通信料をカウントしないカウントフリーというサービスです。本家本元であるLINEアプリをはじめ、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロで接続できるということです。プランによってカウントフリーになるSNSは違いますが、たとえデータ容量がなくなってもLINEなどを使うことができることになります。

LINEモバイルのおすすめできるところ

カウントフリーは人気のアプリであるLINEが運営するMVNO(格安スマホ)だからこそ考えついたサービスだと思います。

LINEフリープラン

データ通信SMS音声通話
500円120円700円

データ通信500円というプランは、電話としての機能は必要ない、例えばタブレット用、ガラケーとの2台持ち用の方が利用するプランです。SMSというのはショートメッセージサービスで電話番号だけでメールを送る(全角で最大70文字まで)機能です。

音声通話は700円。電話としての機能もほしい場合はデータ通信500円、そして音声通話700円を足した1,200円(SMSは音声通話に含まれています)になります。データ容量は1GB。

LINEフリープランはLINEアプリの通話、トークが使い放題

LINEフリープラン

LINEを友達や家族と頻繁にやりとりする方には魅力的なプランだと思います。なにしろ人気のLINEが使い放題なのですから。特に動画や写真をLINEで送るときなどには大量のデータ消費をするのでデータ容量が節約できます。さらに、1GBの音声通話+データ通信料金1,200円は他社と比較すると安いです。データ通信容量が1GBでよいという方にはかなりお得でおすすめできます。

LINEの年齢認証ができる

そしてLINEを利用する人におすすめできるもう一つの点はLINEアプリのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と同様に年齢認証ができることです。年齢認証ができればID検索の機能が可能になります。ID検索で友達、知人を検索して簡単に友達を追加などができるので便利です。また、SMS付きプランでなくても、LINEアプリのアカウントを作れます。これはLINEモバイルならではのことです。(他のMVNOだと年齢認証ができない。)

コミュニケーションフリープラン

データ量データ量+SMSデータ量+SMS+音声通話
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

コミュニケーションフリープランはさらに3つのSNSがカウントフリーに

コミュニケーションフリープランは3GB、5GB、7GB、10GBと4つの容量のプランがあります。こちらのプランはLINEに加えてツイッター、Facebook、InstagramといったSNSがデータ消費ゼロのカウントフリーになります。

この4つのSNSは今、もっとも人気のあるアプリと言ってもよく、せっかくスマホを持っているならぜひ使いたいという人も多いでしょう。それらのアプリがデータ容量に関係なく利用できるのです。

SNS

LINE音声通話トーク画像・動画の送信タイムライン
ツイッタータイムライン画像付きツイートツイートダイレクトメッセージ
Facebookタイムライン画像・動画投稿コメントお知らせ表示
Instagramタイムライン画像・動画投稿アクティビティダイレクトメッセージ

これらのSNSがカウントフリーになれば、外出先などで気に入った風景や食事のシーンなどをデータ容量を気にせずに投稿できるのは利用者にはうれしいサービスだと思います。

MUSIC+プラン

容量データ通信+SMSデータ通信+SMS+音声通話
3GB月額1,810円月額2,390円
5GB月額2,140円月額2,720円
7GB月額2,700円月額3,280円
10GB月額2,940円月額3,520円

もうひとつLINEならではのプランがあります。上のコミュニケーションフリープランに加えLINE MUSICをプラスしたプランです。

LINE MUSICの音楽・音声の視聴、歌詞・文章の閲覧、音源の保存、楽曲の検索がカウントフリーになります。(ただし、LINE MUSICの利用料は別途発生します。)

LINEモバイルでその他よいと思われるところ

通話定額プランがある

2017年6月20日より、他社に負けじと「10分電話かけ放題」が始まりました。これは月額880円で10分以内なら何度でも無料で電話がかけられるというオプションです。今まで通話定額プランがなかったのがLINEモバイルの弱点でもありましたので他社とも対等に戦えるようになりました。

さらに「いつでも電話」というサービスも始まり通常20円/30秒だった料金が半額の10円/30秒というサービスも始まりました。こちらは特に申し込むといった手続きもなく、LINEモバイルのアプリをダウンロードすれば会員ならどなたでも利用できます。

iフィルターがある

子供たちに接続してほしくないサイトや危険なサイトを遮断することができるiフィルターが無料で利用できます。

LINE Payで支払いができる

一部を除きほとんどのMVNO(格安スマホ)の支払いはクレジットカードのみですが、LINEモバイルではクレジットカードの他にLINE Payでの支払いができます。LINE Payとはいわゆるプリペイドカードであらかじめ銀行やコンビニ、ATMでお金をチャージして利用する方式のLINEのサービスです。LINE Payなら審査も必要ありませんので即利用することができます。もちろんLINEだけでなくコンビニやファミレスなどの飲食店でも利用できます。

おすすめできないところ

カウントフリーでも外部リンクサイトはデータ容量がかかる

これはカウントフリーで利用する時の注意点ですが、ツイッターやFacebookで外部サイトへのリンクがある場合がありますが、その外部サイトに接続すると普通にデータ容量は消費されます。当たり前と言えば当たり前ですが、ついついクリックしてそのことを忘れて楽しんでしまうこともあるでしょう。この点は十分に注意してください。

端末の支払いが一括払いのみ

LINEモバイルで取り扱いのスマホは6種類(3月現在)ありますが、支払いはすべて一括払いのみとなっています。他社のように毎月のプラン利用料と一緒に分割で支払うことができないので、契約時は金額の負担が大きくなります。

LINEモバイルのスマホ機種

LINEモバイルでもSIMカードとセットで利用できるスマホ本体(端末)を扱っています。新しくスマホも買い換えたいという方はすべてセッティングされたLINEモバイルの端末を購入された方がよいでしょう。

おすすめの機種はHUAWEI nova liteとarrows M03です。

機種名HUAWEI nova lite
画像HUAWEI nova lite
OSAndroid7.0
CPUHUAWEI Kinin655 オタクコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
ディスプレイ5.2インチ
バッテリー3000mAh
カメラメインカメラ1200万画素
インカメラ800万画素
特徴指紋認証機能搭載

HUAWEI nova lite

19,900円。LINEモバイルでは扱っていませんが、HUAWEI novaという製品があり、liteという製品名なのでnovaの廉価版のように思われますが、製品的には昨年の売れ筋スマホである同じHUAWEIのP9 liteの系統の製品だと思います。それでも5.2インチの大画面、OSがAndroid7.0、それでこの2万円を切る価格はP9 liteよりお買い得と言ってよいでしょう。

機種名arrows M03
画像arrows M03
OSAndroid 6.0
CPUMSM8916 1.2GHz Quad Core
ディスプレイ約5.0インチ
バッテリー2580mAh
カメラメインカメラ:1310万画素
インカメラ:500万画素
特徴防水・防塵
ワンセグ
おサイフケータイ機能

arrows M03

32,800円。価格は少し上がりますが、日本のメーカー富士通の人気スマホです。おサイフケータイ機能、ワンセグといかにも日本のユーザー向き。メイドインジャパンということでも選ぶ人が多いです。

機種名HUAWEI p9 lite
画像HUAWEI P9 lite
OSAndroid7.0
CPUHuawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)
ディスプレイ5.2インチ
バッテリー3000 mAh
カメラメインカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
特徴指紋認証機能搭載

HUAWEI P9 lite

24,800円。コストパフォーマンスがよいHUAWEIの人気機種。指紋認証センサーも付いています。上のHUAWEI nova liteより少し価格が高いですが、金属ケースが高級感を醸し出します。

その他の機種

HUAWEI P10

最新のHUAWEIの上位機種。あの高級レンズ、Leicaが採用されている。65,800円。

VAIO Phone A

パソコンでお馴染みVAIOのスマホ。OSがandroidが搭載されている。24,800円。

ZenFone 3

39,800円。ZenFonの上級機種。カメラ機能が優れています。地取りなど写真を撮るのが好きな方にはおすすめの機種です。

Blade E01

13,800円。1万円台前半の価格。たしかに安いのですが、イマイチおすすめはできません。サブのスマホとしての利用でならと思いますが。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

24,800円。7インチが大画面。指紋認証機能、4360mAhと大容量のバッテリー、こちらのサブのスマホとしての利用だよいでしょう。

LINEモバイルのオプション

留守番電話 月額500円

割込通話 月額200円

端末保証 月額450円

持ち込み端末保証 500円

LINEモバイル申し込みに必要なもの

本人確認書類
(運転免許証、健康保険証+補助書類、パスポート+補助書類など)

クレジットカードまたはLINE Payカード

加入確認用メールアドレス
無料のGmailがおすすめ

電話番号ポータビリティー(MNP予約番号)
現在、利用中の電話番号を継続して使いたい方のみ、MNP予約番号が必要。予約番号の取得は利用中の携帯電話会社から。

ドコモの場合

ドコモでmnp予約番号

auの場合

auでmnp予約番号の取得方法

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでmnp予約番号の取得方法

LINEモバイルのまとめ

遅れてきた大物、という感じでLINEがMVNO(格安スマホ)業界に参入するというニュースは注目を集めました。

結果はLINEというアプリの会社が運営するMVNO(格安スマホ)なのでSNSの利用をカウントフリーにするという特徴をもって参入してきました。

たしかに、LINEをはじめとしたSNSはスマホ利用者には人気のサービスなので歓迎する人も多いと思われます。

今後、MUSIC+プランなどに新しいサービスを追加するようですし、LINE独特のプランも導入するかもしれせん。

LINEだからこそ期待を込めて見守りたいMVNO(格安スマホ)だと思います。

-格安スマホ・格安SIMプラン

Copyright© おすすめできる格安スマホ・格安SIM SUMAHO-TYPE , 2017 All Rights Reserved.