格安スマホ・格安SIMプラン

楽天モバイルとUQモバイルのコミコミプラン(スマホ本体、データ容量、無料通話分)どちらがおすすめ?

更新日:

データ容量と無料通話それにスマホ本体が込みで1,880円と1,980円ってホント?

毎月のスマホ料金が安いというので格安スマホ(MVNO)が話題ですが、その中でも楽天モバイル、UQモバイル、という格安スマホの大手2社のお得なセット商品が評判です。

データ通信料金+国内通話が5分以内なら通話料が無料+スマホ本体が実質無料という格安セットです。

しかもコミコミのセット料金が楽天モバイルで月額1,880円、UQモバイル1,980円という驚異の格安料金です。(消費税別)

月々2,000円を切っった金額でスマホが使えるなんて少し前なら考えられないことです。

これなら、今まで料金が高くて(ドコモ、au、ソフトバンクなら安くても7,000円前後していたから)スマホが使えなかった人でもこの料金ならばスマホにしてもよいと考えられるのではないでしょうか。

ガラケーからスマホに乗り換えるチャンスだと思うかもしれません。

でも、本当に安いのでしょうか?

何か問題はないのでしょうか?

そこでこのページでは、2社のコミコミプランを比較してどちらがよいのか、問題はないのか検証していきたいと思います。

楽天モバイルとUQモバイルのコミコミプランの比較

楽天モバイルとUQモバイルの月額料金とサービスを表にして比較してみます。2社共に最低利用期間が2年契約の縛りとなっています。

プラン名高速データ通信無料通話1年目料金2年目料金3年目以降料金
S2GB5分かけ放題1,880円2,980円2,446円
M2GB5分かけ放題2,480円3,480円2,230円
L4GB5分かけ放題2,980円3,980円2,613円
LL4GB5分かけ放題3,480円4,480円2,696円
プラン名機種名  
SZenfone GoZenfone 2 LaserBlade
MAQUOU SH-MO4AQUOU SH-RM-02HUAWEI P9lite
Larrows M03Zenfone 3
LLHUAWEI honor
プラン名高速データ通信
25ヶ月まで
高速データ通信
26ヶ月から
無料通話
プランS2GB1GB5分以内かけ放題(おしゃべりプラン)
60分/月(ぴったりプラン)
プランM6GB3GB5分以内かけ放題(おしゃべりプラン)
120分/月(ぴったりプラン)
プランL14GB7GB5分以内かけ放題(おしゃべりプラン)
180分/月(ぴったりプラン)
機種名プランS
プランMプランL
iPhone 5s(16GB)1,980円2,980円4,980円
iPhone SE2,980円3,980円5,980円
DIGNO W2,480円2,980円4,980円
ZenFone™ 2 Laser1,980円2,980円4,980円
P9 lite PREMIUM1,980円2,980円4,980円
SHINE lite1,980円2,980円4,980円
LG X screen1,980円2,980円4,980円
ZenFone 3 Ultra3,480円4,480円6,480円
arrows M032,680円3,180円5,180円
Alcatel IDOL 42,780円3,780円5,780円
ZenFone 32,980円3,980円5,480円

※UQモバイルの上記料金は13か月目までの月額料金です。14ヶ月以降は上記料金にプラス1,000円が加算されます。

上記の表を見ると一見わかりにくい感じですが、要するに1年目以降月額料金が高くなるということです。つまり、キャッチフレーズ的に安いですよとアピールするために平均の料金にしないで年度を分けて上げているということです。

なんだ、それでは料金は安くないのかと言えば、そんなことはなく、スマホ本体を持っていない人にはお得な料金設定になっています。

また、両社ともに国内通話5分以内かけ放題というのはこの月額料金ではとても魅力的なサービスです。

格安スマホのデメリットのひとつに定額通話サービスがないということがあったのですが、この5分かけ放題により、それが解消されています。

それでは楽天モバイルとUQモバイルのどちらがお得なのでしょう。

例えば高速データ通信量2Gの場合で考えてみましょう。まる2年間利用したとしてそれぞれ料金はどうなるのでしょう。

両社ともに扱っている機種にZenfone 2 Laserがあります。この同じ機種で比較すれば料金の差がわかりやすいと思いますので比べてみます。

楽天モバイルでコミコミSプラン2GBだと1年目1,880円×12ヶ月で22,560円。2年目が2,980円×12ヶ月で35,760円。合計で2年間58,320円になります。

対するUQモバイルだと13ヶ月まで1,980円ですので13をかけると25,740円。14ヶ月目以降プラス1,000円加算されますので11ヶ月×2,980円で32,780円。2年間の合計で58,520円ということです。

つまり、楽天モバイルの方が同じ機種で2年間の総額が200円安くなっています。さらに3年目以降も利用すると考えるとやはり楽天モバイルが月額で2,446円、UQモバイルが2,980円ですのでやはり楽天モバイルの方が安いです。

料金からみると楽天モバイルの方が良いということになりますが、ここでそれぞれの会社の特徴をもう少し調べてみました。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはドコモの通信回線を利用するMVNO(格安スマホの会社)です。そしてご存知、通信販売大手である楽天市場のグループ会社です。

楽天銀行、楽天証券、楽天トラベルなどの企業の他にプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスも運営している楽天グループの仲間です。

楽天グループの仲間なので、特典として毎月の支払額がポイントになります。月々の支払が100円に対し1ポイント貯まります。

この貯まったポイントで支払いに充当することもできますし、楽天市場での買い物や楽天カードの支払いにも使えます。

そして楽天市場で買い物をした場合、楽天モバイルに加入している人はポイントが通常の2倍付きます。つまり楽天市場の通販を利用している人には特にお得になります。

もうひとつ、UQモバイルはキャリアのau系(KDDI)の会社なので、UQモバイルのコミコミプランはauから乗り換える人にはスマトク割りという月額1,000円の割引が適用されないのでau系からの乗り換えはやめた方がよいです。

自社の親会社から乗り換えられても、au全体としてはメリットがないからです。むしろ料金が下がるので売り上げが減るということですから。

ドコモ、ソフトバンクからの乗り換え、または新規の人ならばよいのですが。

その点、楽天モバイルはキャリアの縛りがありません。auだろうと、ドコモ、ソフトバンクであろうと、このコミコミプランは利用できます。

楽天モバイルの問題点、注意点としては

・スマホの機種がプランによって限られる。上の表をご覧いただければわかると思いますが、1~3機種から選ばなければなりません。多くの中から好きな機種を選ぶということができないのことです。ただし、各プランでセレクトされた機種はどれも問題がある機種ではありません。価格に対し無難なところだと思います。

・また、2年契約のプランなので、2年以内に解約すると解約手数料として12,000円がかかります。

UQモバイルの特徴

さて、それではUQモバイルはどうなのでしょう?

UQモバイルはau(KDDI)の系列会社です。キャリアであるauの廉価版のサービスを提供する会社といってもよいでしょう。

現状、格安スマホ、格安SIMが注目されキャリアから乗り換える人が増えてきているなかで、その歯止めとしてUQモバイルをauが作ったと思われます。

そのUQモバイルの評判としてはとにかく通信速度が早いということです。auの4G LTEプラチナバンドの高速通信が適用されています。ただ、もちろんauとまったく同じというわけでもありません。

この通信速度のスピードがUQモバイルの魅力といってもよいかもしれません。通信速度というものは格安スマホの会社によって微妙に違います。

ユーザーとしては当然、通信速度が速い方がよいに決まっています。通信速度の評判によってUQモバイルに加入するという人もいるようです。

この辺をどう評価するか。価格が安い楽天モバイルにするか、通信速度のUQモバイルを選ぶか?もちろん楽天モバイルの通信速度が遅いというわけではありません。ただ、UQモバイルの速度が速いという口コミが多いだけです。

あと、いろいろと役に立つアプリが11個無料で利用できます。

  • スマートフォンセキュリティ(セキュリティソフト)
  • 超便利ツールズ(定規、分度器、コンパス、拡大鏡、ライトなど20種類の複合アプリ。)
  • 超ブルーライト削減(スマホのブルーライトを最大約82%カットします。)
  • 乗換案内Plus(鉄道、飛行機、バスなど経路検索アプリ。)
  • おしゃべり翻訳機(英語、韓国語、中国語など10か国語の翻訳アプリ。)
  • Fujisan Reader(雑誌が読むのに必要なリーダーアプリ。)
  • 地図マピオン(ドライブルートや徒歩ルートの検索もできる地図アプリ。)
  • 万能カメラ(112種類のフィルタと81種類の撮影機能を備えるカメラアプリ。)
  • ジョルテ(カレンダーとシステム手帳のアプリ。)
  • 驚速メモリ(スマホのクリーニングで動作を快適にできるアプリ。)
  • 超クーポン(全国10,000箇所のホテルなどの施設を最大66%割引など。)

まあ、無料といっても一番上のセキュリティアプリぐらいしか、目ぼしいアプリはありませんが、それでもおまけとしてはよいかもしれません。

UQモバイル問題点、注意点としては

・auおよびau系の通信回線を利用しているユーザーの乗り換えはメリットがない。

・5分かけ放題の通話料金が5分を超えると30秒20円になりますが、楽天モバイルだと5分かけ放題で5分を超えると30秒10円の通話料なのでUQモバイルの方が高い。

楽天モバイルとUQモバイルのまとめ

2年間の利用なら2社の料金の差はわずか200円。ただ、2年目以降も継続して利用すると考えると圧倒的に楽天モバイルの方が安いです。

2GBのプランで楽天モバイルで3年目から月額2,446円、対するUQモバイルでは2,980円なので、毎月534円の差が出ます。

長く利用しようと考えるのなら楽天モバイルでしょう。

UQモバイルの良いところは、他社より通信速度が速いという評判と1,980円と2,980円のプランでスマホの種類が多いので選べる選択肢が広いということでしょうか。

2年間の利用でよいと割り切って考えるのなら、UQモバイルという手もあります。

-格安スマホ・格安SIMプラン

Copyright© おすすめできる格安スマホ・格安SIM SUMAHO-TYPE , 2017 All Rights Reserved.